宮崎県日南市は11日、第5回口蹄疫防疫対策本部会議を開き、市内で感染が発生した場合に備えた職員の動員態勢などを決めた。また、南国イメージPRのため毎年5〜9月、全職員を対象にしているアロハシャツ着用を週明けから改め、作業服や通常のクールビズの服装にする。

 職員90人を3班に分け、殺処分補助や消毒に従事させる。隣接する宮崎市や都城市で感染疑いが発生したことを受け、緊急に対応できるよう動員する職員を決めた。職員への説明会を14日に開く。

 服装見直しは、農家や市民が防疫作業や催し自粛を余儀なくされている現状に配慮したという。市内3海水浴場に対しても、海開きを7月10日に延期してもらうよう依頼する。

【関連ニュース】
口蹄疫:菅首相が宮崎で農家視察 「国家的な危機と認識」
口蹄疫:コブクロ、今井美樹さんらと共同で宮崎応援歌
口蹄疫:宮崎など3市、埋却作業終了
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請
口蹄疫:宮崎市の豚、日向の牛が陽性…宮崎の運動公園閉鎖

樺美智子さん追悼集会開催=安保反対デモ、死から50年(時事通信)
はやぶさ 「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
ワールドカップ出場国をモチーフにしたスニーカー――ルコック(Business Media 誠)
<AKB48>脅迫容疑で27歳男逮捕 カッター送り付け(毎日新聞)
旧軍施設跡の銘板 「強制連行」でバトル(産経新聞)
[PR]
by 72ez98jzkb | 2010-06-16 11:48
 「小鳩体制」崩壊に民主党では悲喜こもごも。首相の辞意表明には逆風を実感してきた「参院改選組」は、ひと安心の様子だった。渡部恒三・元衆院副議長(78)は「一緒に辞めてもらうのに苦労したが、(小沢氏も)観念した。言うところなし」と笑顔。田中真紀子衆院議員(66)は「(鳩山氏は)理想を抱えて失墜した。理想を掲げるためのツールを持ち合わせていなかった。人脈もない、人の動かし方もご存じなかった」とバッサリ。一方で小沢氏には「さっき電話が来た。『(代表に)ぜひなって下さいね』と申し上げた。笑ってましたね」。

 小沢幹事長辞任に小沢ガールズは落胆気味。青木愛副幹事長(44)はポロポロと涙を流した。「小沢氏が辞任して悲しいのか」との報道陣の問いかけには一切無言。下を向いたまま、国会内の食堂に駆け込んだ。太田和美衆院議員(30)は「改革の方向は間違ってなかった。国民が目を向けてくれなかった」と涙声。三宅雪子衆院議員(45)も「今年から独り立ちを心がけていた。(辞任は)とても残念」と語った。

 【関連記事】
小沢氏、超ゴキゲン!68歳の誕生日
三宅氏、代議士会で事情説明と陳謝

自称NPO法人「あけぼのの会」代表自身も生活保護で転居 制度悪用か(産経新聞)
子ども手当、間もなく支給 「制度に不備多い」自治体に疲労の色(産経新聞)
49歳男が女子大生偽りメール、100万詐欺(読売新聞)
日米首脳が電話会談(産経新聞)
社民党の全国幹事長会議、連立離脱方針を了承(読売新聞)
[PR]
by 72ez98jzkb | 2010-06-07 12:36