犯罪見逃さぬ制度を=死因究明研究会スタート−警察庁(時事通信)

 鳥取や埼玉で複数の男性が相次いで不審死した事件が注目を集める中、警察庁が設置した「死因究明制度のあり方に関する研究会」の初会合が29日、東京・霞が関の同庁で開かれた。
 中井洽国家公安委員長は冒頭、警察が扱う遺体のうち解剖されるのが1割程度にとどまっていることなどを挙げ、「現在の制度は大いに疑問がある。全体を見直し、凶悪な犯罪を1件たりとも見逃さない制度を構築すべきだ」とあいさつした。 

<死傷事故>居酒屋に車突っ込み1人死亡、2人重体…横浜(毎日新聞)
政府が自民にガス田写真提供を拒否 政府内で責任なすり合い(産経新聞)
観光装い下見、盗品郵送…爆窃団再び日本標的(読売新聞)
昭和基地で越冬隊交代式(時事通信)
<4歳児死亡>唐辛子飲ませた母親実刑確定へ 最高裁が決定(毎日新聞)
[PR]
by 72ez98jzkb | 2010-02-04 15:14