「かぐやびな」製作が最盛期迎える 兵庫・上郡町(産経新聞)

 桃の節句を前に、兵庫県上郡町の「まつい工芸社」(松井宏司代表)では、竹の中に男びなと女びなが仲良く並んだ「かぐやびな」の製作が最盛期を迎えている。

 変色防止の加工をして斜めに切った本物の孟宗竹に、友禅和紙をまとった手作りの立ちびなと絹製の桃の花を飾りつけた。

 大きさは、高さ約20センチ、直径12センチ。かぐや姫が竹の中から翁に見つけられる「竹取物語」にちなんだ命名で、かわいい表情が人気を集めている。

【関連記事】
新酒まろやか「ハネ木搾り」 福岡・糸島酒造
あったかい大寒 島根大生が寒中水泳
切手「ふるさとの花」3月8日発売 郵便会社
鳥取・境港でカニ感謝祭
越冬ナベヅルの観察ツアー 山口・八代盆地

父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任−福岡(時事通信)
法制局長官陪席の打診否定=平野官房長官(時事通信)
田中元検事、二審も実刑=9000万円詐取−大阪高裁(時事通信)
<普天間移設>候補地、政府内で徳之島が浮上(毎日新聞)
「検察リーク」で調査チーム=捜査や報道けん制の狙いも−民主(時事通信)
[PR]
by 72ez98jzkb | 2010-01-28 12:02