<掘り出しニュース>「地域の力」結実 公衆トイレ完成 三重・伊賀(毎日新聞)

 【三重】伊賀市が伊賀鉄道・広小路駅に住民の要望を受けて総工費約1165万円をかけて建設した公衆トイレが完成し、トイレ前で1日、オープニングイベントが行われた。

 イベントには、住民団体「トイレ設置をすすめる会」の林秀幸会長、内保博仁市長をはじめ、近隣住民ら約50人が出席。テープカットなどをして完成を祝った。

 同駅のトイレは07年に老朽化に伴い撤去されたが、同会が同年秋、「鉄道利用にも観光にもトイレは不可欠」とした約3600人の署名を添えて市や市議会に請願。約2年半かけて「地域の力」が結実した。【関谷徳】

【関連ニュース】
雑記帳:自腹で運転士に いすみ鉄道が募集
雑記帳:北近畿タンゴ鉄道のサービスは…
掘り出しニュース:わ鉄グッズ快調 「招きだるまねこ」など 売り上げは前年同期の10倍 群馬
ブルートレイン:6年ぶり、肥薩おれんじ鉄道の区間に「はやぶさ」走る
目指すぞ!運転士 訓練費自己負担、いすみ鉄道の募集に大きな反響

政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利(医療介護CBニュース)
改正雇用保険法が成立=非正規、失業給付受けやすく(時事通信)
入学祝い“甘〜いランドセル” 季節限定ケーキ(産経新聞)
新型インフルの第一波、事実上終息…厚労省(読売新聞)
どこか違う?「宇宙カボチャ」 初収穫、種は全国の小学校に(産経新聞)
[PR]
by 72ez98jzkb | 2010-04-08 12:06