不正アクセス最多 昨年「フィッシング」激増 警察庁統計(産経新聞)

 インターネット上で他人に成り済ましオークションに参加するなどの不正アクセス行為が、昨年1年間に警察が認知した発生件数で前年比22・1%増の2795件、摘発数で45・6%増の2534件になり、ともに平成12年の統計開始以来、最多だったことが警察庁統計で4日、分かった。

 本物のサイトに似せた「フィッシングサイト」を開設し、だまされて入力したIDやパスワードを悪用した事例が前年の88件から2084件に激増。暴力団が技術者を使い組織的に行っていた事件もあり、同庁は注意を呼び掛けている。

【関連記事】
「ネット上で身ぐるみはがされた」ゲーム不正アクセスで男を逮捕
小6が不正アクセス容疑 補導し児童相談所に通告 徳島東署
顧客の3700万円着服容疑 ソニー銀、元社員を告訴 
「仕事の大変さを分からせたい」会社のHP改ざん 容疑で元社員を逮捕
純真お嬢様の正体は!?「出会えない系」サイトの卑劣なテクニック

自民、離党届け出の松田氏を除名へ 大島氏「私利、私益」(産経新聞)
津波 国内で最大1.2メートル観測 3万8000人避難(毎日新聞)
弁護士の懲戒処分、最多76件…人数増要因?(読売新聞)
自殺装い殺害容疑 元妻ら5人逮捕(産経新聞)
ホッキョクグマ 双子の父、古巣・札幌へ(毎日新聞)
[PR]
by 72ez98jzkb | 2010-03-08 15:03