C61運行再開へ準備=さいたま市の車両センターで(時事通信)

 現存車両が少ない蒸気機関車(SL)「C61」の運行再開に向けた準備作業が1日、さいたま市のJR東日本大宮総合車両センターで報道機関に公開された。
 C61は1947〜49年に33両製造されたが、現存するのはわずか3両。運行再開を準備しているのはこのうちの1両で、49年7月、「デゴイチ」の愛称で親しまれる「D51」のボイラーなどを活用して製造された。73年8月に現役を引退し、翌74年に群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園で展示されていた。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館
【Off Time】青森で りんごの香りに包まれる
〔写真特集〕鉄道博物館の世界

津波注意報、すべて解除(産経新聞)
イカナゴ漁が解禁 播磨灘に春の訪れ(産経新聞)
秋田市などで震度3の地震(読売新聞)
NPOへ寄付、税額控除式に=首相が検討指示(時事通信)
<チリ地震>政府、最大2億7千万円の無償資金協力決める(毎日新聞)
[PR]
by 72ez98jzkb | 2010-03-06 19:50