内定率5年ぶり低水準=高校生、昨年末で75%−文科省(時事通信)

 今春卒業を予定する高校生の就職内定率が昨年12月末時点で前年同期比7.5ポイント減の74.8%だったことが23日、文部科学省の調査で分かった。この時期の内定率は2年連続で悪化し、下落幅は過去最大。最近では2004年12月末に次ぐ低い水準となった。
 調査は、教育委員会などを通じ全国の高卒予定者の状況をまとめた。就職希望の18万3223人のうち、内定を得たのは13万7128人。残る4万6095人は就職先が決まっていなかった。
 内定率は男子が7.3ポイント減の79.7%、女子が7.8ポイント減の68.5%。都道府県別では沖縄の46.0%から富山の91.0%まで差が付いた。
 学科別にみると看護科が50・0%、普通科が65.1%で苦戦。高かったのは工業科の88.4%、福祉科の80.6%などだった。 

【関連ニュース】
就職内定、大卒73%、高卒68%=悪化幅は過去最大
業界トップクラスに集中=就職先人気ランキング
高校生、内定率12ポイント減=10月末も下落幅最大
大卒就職内定率、62.5%=過去3番目の低さ、下落幅は過去最大
高卒就職内定率、13ポイント低下=37%、過去最大の下落

「持ち直し」の基調判断を維持=2月の月例経済報告−内閣府(時事通信)
2ちゃんねるアクセス不能 韓国から大規模サイバー攻撃?(J-CASTニュース)
「麻生さん入った風呂はイヤ」 首相公邸改修乱れ飛ぶ憶測(J-CASTニュース)
<イベント火薬火災>重傷の女性が死亡 名古屋・違法に保管(毎日新聞)
<鳩山首相>ハーグ条約 批准準備に意欲示す(毎日新聞)
[PR]
by 72ez98jzkb | 2010-03-02 09:31